ライ麦畑で叫ばせて

日常・回想・妄想・数学理科・社会・思考の道草 を軸に書きます。特に「妄想」は別のところでしっかりカタチにするのが目標です。

悪夢を君とひとりで

 

最近,寝つきは悪いし睡眠の途中で何度も目覚めるし悪夢を見るしで,睡眠に希望がもてない。

せめて夢の世界くらい──と思うものだが,ここは発想の転換だ。特殊なストーリーの夢は記録に残しておこう。何かの役に立つかもしれない(何のだろう)。

 

まずは,フツーの悪夢を列挙する。

 

・古い洋館に友人らしき人(誰かは不明)と二人で入り,ウロウロしていると何故か中学校の美術室に辿り着く。当時の美術の先生に「そこの絵を取ってくれ」といわれてそちらに向かうと,どこからともなく大量のネズミが現れ,床や足元や私の身体全体を覆い,とにかく噛まれる。友人と先生は私のその姿をただ嘲笑う。

 

・明らかに蜂の巣があるのに,その道をどうしても歩かなければならないらしく,「先に行ってよ」と隣の誰かに促され,行くと,恐ろしい数刺される。

 

・「そこの草のところに手を突っ込むと捕まえられるから」と隣の誰か(いつも誰なんだ)に言われる。(ああ,捕まえなきゃいけないのか)と手を突っ込むと,黒くて枝のような体で,お尻だけが風鈴みたいにぷっくり腫れあがった虫に,刺される。

 

・小型ボートで釣りをしていると(現実では全然やったことないけど),デカい蛇が釣れる。びっくりして隣の誰かがそれを即座に海に投げると,蛇VSサメの戦いが目の前で始まる。その蛇の強いこと強いこと,サメはやられて,私も隣の人も噛まれる。

 

うむ,刺されたり噛まれたりする夢が多い。

そして,これだけ覚えているってことは,やっぱり眠りが浅いのだろう。

他にも犬とか,鳥とか,人とか,噛んだり刺したりしてくる奴はいろいろいるのだが,まあそれはもういいだろう。

でも,どれも本当に痛い気がして,苦しくて,嫌だ。

 

さて,最後にNO HOPEの悪夢をひとつ。

 

 

友人(この人は実在する。本人は東京というが,埼玉在住)宅に行くことになる。電車内で「あと○○分程で着きます」と連絡をして,電車を出ると,そこは何故か,ハワイ。

友人に連絡しようにも携帯が使えず絶望していると,突然ヤバそうなサイレンとともに,放送が流れる。

「3人が放たれました。緊急避難してください(何故かin Japanese)」

3人ってなんや?と思っていると,レンガ造りの倉庫の角からスマートかつ筋肉質で顔のキリッとしたドラミちゃんみたいな奴が現れる(ドラベースを知っている方,例えるならムキムキで黄色いヒョロえもんです)。

走って逃げるも,ドラミちゃんの足が速すぎて追いつかれ,飛び蹴りされる。痛い。非常に痛い。

逃げては蹴られ,逃げては蹴られを繰り返す。

 

やがて,ドラミちゃんをどうにかしてまいて,倉庫の中に迷い込む。

そこで姿を現したのは,太ったオバサンだった。鮮やかな緑のスーツにつばの広い緑の帽子,デカい真珠のネックレスを身に着け,カツカツと緑のヒールを鳴らしている。髪は薄紫,茶色がかったレンズの眼鏡をかけて,手には高そうなバックと,虫よけスプレー的な何かを持っている。怪しい。

そのオバサンは私を見つけるや否やドラミちゃんに劣らぬスピードで走って近づいてくると,顔めがけてスプレーしてきた。

赤い飛沫。からい,というか痛い。刺すような痛みだ。倒れそうになるのを必死にこらえ,逃げる。

逃げてはプシュー,逃げてはプシュー。

 

そしてついに,ドラミちゃんとオバサン二人同時に対峙してしまう。

ああ,終わった。蹴りとプシューが同時に迫る──と思っていたら,ドラミちゃんが倒れ込み床で悶絶しだした。顔からは白い煙があがる。どうやらプシューにとっても弱いらしい。

仲間(?)を倒しちゃったオバサンはアワアワ,ドラミちゃんはバタバタ。

 

チャンス!と思って倉庫を飛び出し,とにかく走る,走る,走る。すると,倉庫の向こうの高層ビル群の影に,ビルと同じくらいの大きさの,巨大な白い物体がみえる。

(なんなんだ──)と疑問に思いつつも,倉庫群の中をとにかく走る。

すると,倉庫の間から,扉から,窓から,屋根の上から,壁をぶっ壊してまで,無数の鋭利で巨大な何かが,一斉に飛び出してきた。

そのうちの何本かは,私の身体を貫通した。刺された──,痛い。

ギャー,という声とオバサン&ドラミちゃんの倒れる様子が,別カメラ的にみえた。

 

謎の巨大な白い物体が,ビルを倒しながらウロウロしている。顕わになった姿を見れば,それはドデカいケサランパサランに脚が生えたみたいな奴だった。

数十秒に一度くらいのペースでフワフワの毛を長く鋭く硬直させて,街を無差別に破壊しながら,そいつ(デカすぎるニンテンドー64のニードルカービィみたいな感じです。通じるかな?)は徐々に倉庫街に近づいてくる。

硬直の瞬間に出る「ジャキーン!」という音が,恐怖だ。

 

刺されつつ走っていると,いつの間にか倉庫群を抜けていた。右に倉庫群,その奥にビル群とケサランパサラン,そして左は緩やかな傾斜の丘となっていたのだ。

それに気づいて,(あ,丘に逃げよう)と思う。

 

だが,その判断がまずかった。

高いところに登った私を巨大ケサランパサランはすぐに見つけたらしく,蜘蛛みたいな細長い脚を恐ろしい速さで動かして,あっという間に追いついてきた。

ああ──,本当に終わった──。

「ジャキーン!」

 

 

「うぅっっっ!」

自分の唸り声で目が覚めて,めでたしめでたし。もうイヤ!こんな睡眠。

 

自分以外の登場人物(ちゃんとした人間)がいることが結構多いのですが,誰も全く助けてくれないんだよね。

悪夢は結局,一人で解決せねばならぬらしい。

 

ゆけゆけアマゾン調査隊

 

先月,極めて真面目な研究集会であるにも関わらず,「○○フェスタ2017」と銘打たれた,お洒落で素敵な集まりに参加してきた。

「我々の分野はこれからどうなってしまうのか」

「この厳しい状況をどう生き抜くべきか」

と,内容はなかなか深刻なものが多かったが,その中で印象深いお話があったので,ここに書き留めることとする。

 

中谷宇吉郎という日本の物理学者・随筆家がいるが,彼の著書の中に「比較科学論」というものがある。

A4用紙にして5~6ページくらいだろうか,短い文書なのですぐに読めるものだ。

それによれば,研究(ここでは物理学に限定せず,研究全般ということだろう)は,二つに大別されるらしい。

一つは「警視庁型」,そしてもう一つは「アマゾン型」だ。

 

警視庁型の研究とは,「もうすでに犯人が分かっていて,それを捕まえるのに難易があるもの」だそうだ。

もう少し補足説明すると,今日の学問には,もう原理が良くわかっているものがどの分野にも存在するだろう。それを発展させる,拡張させる,継続する,そんな研究を警視庁型と呼んでいるようだ。

「機械の仕組みはできた。組み立てもできた。あとは耐久性評価のこの表を埋めるだけだ。実験は──比較的易しそうだ」

とか,

「このガスは環境に有害だ。使用も禁止され,大気への含有量は徐々に減っているようだけ。では,最近の大気中濃度はどうだろう。観測は──なんとかできそうだ。分析は──へ,そんなに時間がかかるのか」

とかいった具合だ。

 

一方,アマゾン型の研究とは,「この秘境にどんな珍しい新種の生物がいるか,まだ誰も知らない」といった類のものらしい。

まだ誰もおこなったことの無いような実験をして,未開の地で観測をして,提唱されたことの無いような理論を考える。

「まだ誰も行ったことのない海底を探査してきた。恐ろしく大きなタコがいたし,なんだかようわからん黒い液体が海底から噴き出していた」

とか,

「えげつない速度でAの原子とBの原子をぶつけてみた。そしたら,未知の原子Cができた」

とかだろうか。

なお,以上の説明は私の解釈が多分に含まれており,例はすべてフィクションである。正確な内容が気になった方は原著をご覧いただきたい。 

 

さて,どちらが世間の目を引くだろうか。

それはおそらく,アマゾン型だ。

「地道な実験を5000回しました」と言われてもその情報に恩恵を受けない人は知ったこっちゃないだろうが,「山奥で新種の恐竜の化石が見つかりました」と言われれば,皆がおっ!となるだろう。

行ってみて,やってみて,新たな発見は無いかもしれないが,そこには夢とロマンがある。

 

では,どちらが大事だろうか。

それは,どちらもだ。

これは原著にも書いていたが,警視庁型の研究からは,おそらく新たな大発見があることは極めて少ない。

だが,警視庁型の研究を地道に続けた先に,そこから得られた知見をもとに,全く未知の領域に踏み入れるアマゾン型の研究の突破口が開かれるのだ。

 

「画期的な自動観測ロボットを開発しました。とりあえず,世界に展開してみましょう!」

「おお,それは面白そうだ,いいですよ。はい,資金」

「10年経って,いろいろな新しい発見がありました!」

「うむ。でも,もう続けるのにお金はかけられないよ。おしまいね」

(それじゃあ連続モニタリングが途絶えてしまう──)

(研究が続けられないよ──)

「待ってください!ロボットを改良したら,未開の地まで行けそうなことがわかりました!だからもう少し続けさせてください!」

「ほう,それならいいですよ。でも台数は減らしてね」 

 

「研究したいんです。それにはお金が必要なんです!」

そういったときに目をひくのはアマゾン型なのだが,そうポンポンと秘境のジャングルは出てこない。そして,研究が進んだ学問であればあるほど,それを見つけるのは難しい。でも,研究を続けるのにはアマゾン型がどうしても必要で,それには警視庁型も必要だ。

このジレンマと戦いながら,どう生き抜いていくのか。それは難しい問題だ。

 

それでも,私の置かれた立場上,(自分がそこへの切符を掴まないにしろ,)未開の地が現れることを切望し,必死に探し求めているし,私という一個人として,どの学問においても,未開の地がなくなってしまうことは決してないと確信している。

 

お手本はずっと昔に置いてきた

 

久々の投稿である。

良い報告は全く無いが,迫られていた用事はひと段落,書きたいことが初雪程度に積もっている状況だ。

 

今回は,以前の記事(習字セットの筆は今 - ライ麦畑で叫ばせて)に深く関連している。

 

先の記事を要約すると,

”あるアーティストのコンサートに行って考えたこと。彼らの歌は寸分の狂いもなく,私の知る通りの美しいもので,それをいつもの「リズムに乗らずにじっとしているスタイル」で「良いなあ」と思いながら聴いていた。だが,綺麗なものも良いのだが,滅多にないちょっとした既知からの逸脱(歌の伸び,切れ方などの違い)が何とも良くて,それが「習字のお手本をみせる先生(妄想)」と重なって,コンサート中ずっと良い歌を聴きながらも俺はアホだった”

という話だ(ちょっと違うか?是非一読いただきたい)。

 

さて,今回の内容は,先の記事で”次の機会にでも”と言っていた私の敬愛するアーティストのライブに行ってきた話である。

 

結論からいうと,私の中で確固たるものだと思っていた「じっとして聴く」というスタイルは,彼らの前で完膚なきまでに崩壊した。彼らのライブに行くのは初めてではないので,厳密には,以前から彼らの前に限っては崩壊していたのかもしれない。

 

対比のために,早速「書道の時間」の妄想を記す。

 

 

 

小学生の頃,私は書道が嫌いだった。

今現在,字がとっても下手クソな私は,当時も当然のごとく字が下手クソヤローだった。

毛筆となると特にひどくて,ダメダメである。

上手く書けない言い訳のように「そもそも,お手本通り字を書いて何の意味があるんだ」などと詭弁を弄する始末だった。

ここまでは,全て事実だ。

 

ある日,書道の時間に担任がこんなことを言い出すのだ。

「今日で,皆さんが持っているこの鈍色の表紙のお手本帳を使うのは最後になります。そこで突然ですが,今日はなんと,その『お手本』を実際に書いた先生をお招きしています。皆さん,拍手でお迎えしましょう」

 

(パチパチパチ…)

 

まばらな拍手の中,黒いチノパンに薄いベージュのシャツ,黒いハットにグラサンという風貌の謎の男が登場した。

片手には筆…ではなくて缶をもっていた。明らかに缶ビールだ。何なんだこのオッサン──。

席に着く我々に向かって手を挙げると「どうも」と親しげに挨拶した。

 

「では早速,先生にお手本帳□ページの『〇〇』という字を,ここで書いてもらいます。皆さん,椅子は持たずに前に集合!」

担任の一声で児童たちはぞろぞろと教卓のまわりに集まる。

「しーっ!」

ガヤガヤする空気に担任が静寂を促す。

 

一瞬の沈黙。

 

すると男がすぐに予想外の言葉を口にした。

「あー,先生,静かにしなくていいから」

 

(…………)

 

担任はおろか,児童もみな口をポカンとあけたまま男を見ている。

 

「お手本の書き方なんてのはもう覚えてませんので,今日はわたくし,好き勝手に書かせていただきます」

 

そういうと,男は「ハアッー!」とか「ヤッ!」とか奇声をあげ,筆をブンブン振り回しながら紙にたたきつけ始めた。

 

担任の顔には焦りがみえ,私を含む児童の顔はただただ茫然としていた。

 

「あの,先生,お手本は──」

「んなものはいいから」

男はやりたい放題を続ける。

途中までは一応「〇〇」という指定された字の原型はあったものの,いつの間にか全く別の字になってしまっている。

 

やがて一人の児童が,じっとしている周りをよそに,男の真似をして自分の筆を振り回し始めた。

それをみた別の児童は,「そうか」と何かに気づいたように,一人,また一人と筆をブンブンし出した。

 

男は男でお構いなしに字を殴り書く。

 

児童達は,男の真似をして筆を動かすもの,男とは関係なしに暴れるもの,一向にじっとしてみているもの,様々だ。気づけば,担任まで筆を両手にノッてきたらしい。

私は,男が走らせる筆の動きの一つ一つが心地よくて,それに合わせて手を小さく動かし,膝をカクカク,首をクネクネしながら,男の動きを楽しんでいた。

適当な殴り書きのようであるが,実は要所要所が非常に緻密であることもわかった。

 

そして何より,最も楽しそうなのは男自身のようだ。

 

「フォーッ!」

ハアッ!

 

男子も女子も我を忘れてお構いなしに,男のパフォーマンスに酔いしれたのだった──。

 

 

 

彼らは,我々が知る曲(=妄想でいうお手本)を披露しようなどとは少しも考えていないのだ。

私の好きな「既知からの逸脱」だらけであるし,しかもそれがブッ飛んでいるところが非常に気持ち良い。

好き放題,動かずにはいられない,といった感じだ。

 

鳴り止まない拍手はアンコールへの思い。

 

「もう一文字書いてー!」

「書いて―!」

「書け―!」

 

口々に発せられる切望に,男は荒々しく,クールに応える。

「貴様に伝えたい 俺のこのKIMOCHIを」

そういって,最後の大暴れが始まった。

 

巻物ブルースはいかが

 

まきもの【巻(き)物】㊀書画などを表装し,軸をつけ,巻き収めるように仕立てたもの。巻き軸。(㊁,㊂と続く)

──新潮国語辞典ー現代語・古語(1995)

 

ブルース(blues)十九世紀に米国の黒人の生んだ歌曲。非ヨーロッパ的な音階はジャズの基盤となった。

──新潮国語辞典ー現代語・古語(1995)

 

ニジュウイッシ【二十一史】中国古代 から元に至るまでの二十一の史書。史記漢書後漢書三国志・晋書・宋書・南斉書・梁書・陳書・魏書・北斉書・周書・隋書・南史・北史・新唐書・新五代史・宋史・遼史・金史・元史の総称。

──新潮国語辞典ー現代語・古語(1995)

 

気が付けばこれまで21の記事を書いていた。

まさかここまで続くなんて,と驚いてはいない。

何事も「広く浅く」よりも「狭く深く」が多い私なので,このブログも気に入ればダラダラと続けるだろうとは思っていたが,思いのほか頻繁に記事を書くことができているものだ,と少しうれしい気持ちになった。とは言っても,ほぼ毎日更新されている方々にはまだまだ及ばないのが現状である。

こんな私ですが,これからもどうか宜しくお願い致します。

 

さて,せっかくなので,この機会に今までの記事を振り返ってみた。

ブログを始めた頃は皆さんに記事を読んでいただく機会はまだまだ少なくて,自分なりに良く書けたと思ったものでも,後の記事に埋もれてしまったものがいくつかあった。

できることならすべて読んでいただきたいのだが,そんな図々しいことも言えないので,今回は2つの記事についてほんの少しだけ振り返り,紹介させていただきたい。

 

 

まずはこちら。

 

daikio9o2.hatenablog.com

 

「縦軸の時間」と「横軸の時間」という一見難解な2つの時間軸を持ち出して,「社会を生きる」ということを説明してくださったある社会学の先生の講演を,自分なりに消化する話。

消化に際しては自分で勝手に図まで描いて,大変満足している。

読んでいただければ幸いです。

 

もう1つは,こちら。

 

daikio9o2.hatenablog.com

 

フランスはブルターニュ地方を訪れたときに目にした旗と,それにまつわるある老婆との交流,物語,および妄想。

参考にさせていただいたものはあるのだが,タイトルも気に入っている。

こちらも是非宜しくお願いします。

 

 

20くら書いたら一度これまでを振り返ろうかな,と思っているうちに,気づいたら21書いてしまっていた。

「きりが悪いかな…。21と歴史をつなげるものはないか?」とあれこれ調べてみたら,意外といくつかあった。その1つが冒頭の史書である。

むしろ21で振り返って良かった感じすらある…かな?

 

巻物は古い書物の形態,ブルースは私の好きなジャズの基盤だ。

起源に立ち返る感がある,といえばある。

 

そしてこのタイトルは私が敬愛するルパン三世のTV第2シリーズ第9話「浮世絵ブルースはいかが」をもとにつけさせていただいたものだ。

ルパンシリーズからタイトルをお借りするのは,私がしばしばやる手口だ。

おお,これまでのまとめ感がある!あるぞぉぉぉっ──!おぉぉぉっ──!

 

うむ,こじ付けたところもあるが,振り返りにふさわしいカタチとタイミングだ,おそらく,きっと。

 

僕は肉,君は魚

 

好きな食べ物ランキングトップ5が「ニワトリの肉」,「桃」,「ウシの肉」,「ブタの肉」,「揚げ出し豆腐」(2017年5月現在)である超攻撃的やわらか肉食系の私だが,先日,食堂で偶然「サバの塩焼き」を食べて,「魚ってうまいんじゃねえか」と思った。

そういえば何やら「魚は体に良い」と聞いたこともある。こうなると魚について知らずにはいられないということもないが,少し気になったので,調べてみた。

 

 魚類は,人間の体内では合成されない必須アミノ酸9種をバランスよく含んだ良質なたんぱく源である。また,脂質ではn-3系高度不飽和脂肪酸であるドコサヘキサエン酸(DHA),エイコサペンタエン酸(EPA)の組成比が高い。これら脂肪酸に関しては,我々の健康に与える効果について多くの知見が蓄積されてきている。

 DHAやEPAは「肝臓がん」の発生リスクを低減し,男性の「糖尿病」を予防する効果がある。また,血中中性脂肪を低下させる作用があり,「肥満防止」にもつながる。さらに,「アレルギー症状」の改善や「うつ病」の緩和,「認知症」の予防にも効果があるとの報告もある。そのうえ,魚油の血液凝固抑制作用とたんぱく質血栓溶解作用による「血栓」の形成抑制効果,「循環器疾患」の死亡リスクと「心筋梗塞」の発症リスクの低減効果,「関節リウマチ」症状の緩和効果もある。

 おまけに,DHAは脳を構成する脂肪酸の40%を占め,新生児の正常な神経細胞の発達には一定量以上のDHA摂取が必要らしい。

 DHAを多く含むのはクロマグロやサバ,スジコ,ブリなどで,EPAを多く含むのはマイワシやクロマグロ,サバ,ブリなどである。

 そのほか,サケやマダイなどに含まれるアスタキサンチンは免疫機能を向上させ,イカやカキに含まれるタウリンは肝機能強化や視力回復の作用があり,マグロ,カツオ,サケなどのアンセリンは尿酸値を下げる効果がある。

 

うむ,魚とは何とも優れた食品のようだ。

好きな食べ物ランキングの「ニワトリの肉」・「ウシの肉」・「ブタの肉」を「マグロの肉」・「サバの肉」・「ブリの肉」にして超守備的かっちり魚肉食系になれば,長生きへの道が見えてくること間違いなしだ。

「僕は君より早く死ぬよ。君のいない世界なんて考えられないから」

のようなアリガチでクサい台詞(書いていて寒気がする。読んでいてもそうでしょう,申し訳ございません)は,

「僕は肉,君は魚」

に代えてしまっても良いくらいだ。それほど魚は優秀なのだ。

 

これからは,積極的に魚を食べます。そして肉も食べます。

「僕は魚と肉,君はどうですか」

 

ただマジメに調べてみるというのもたまには良いでしょう。