ライ麦畑で叫ばせて

日常・回想・妄想・数学理科・社会・思考の道草 を軸に書きます。

京都を盗め(1)

 

平凡な泥棒と優秀な泥棒の一番の違いは何か?

手先の器用さ,機敏さ,強靭さ,賢さ──。確かにそれらも重要だろうが,実は全て不正解である。

平凡な泥棒と優秀な泥棒の決定的な差,それは「事前調査力」だ。

完璧な下調べ無くして完璧な計画は無く,すなわち完璧な犯行は無い。

 

もう5か月も前の話になるが,私は相棒のSとジャパンのとある都市へと足を運んだ。

無論,次のターゲットをリサーチするためだ。

その都市の名は「京都」。

 

この京都という場所は,ジャパンでは大変有名であるらしい。

かつてのジャパンの首都であり,それゆえにジャパンの歴史,伝統,文化を象徴する都市である。

自然に富み名高い寺社が立ち並ぶこの都市は,現在はジャパン有数の観光地として知られているようだ。

 

ある時,私は独自のルートからこの京都に関する裏情報を聞きつけた。

おっと,つまり優れた泥棒には確かな情報の得られるネットワークも必要だ。それと,信頼のおける相棒が一人。「事前調査力」に並ぶ重要度だが,これらは私個人の力とは少し違う。これらはランキング外のバックグラウンドに置くとしよう。

そんなのはズルいんじゃ無いかって?ズル賢さも優れた泥棒には必要なのさ。

 

さて,ターゲットに話を戻そう。これが私の得た裏情報の内容だ。

「京都には極々一部の人間のみが知る忌まわしき秘宝が存在する──」

その財宝とは,かつてジャパンに栄えたある国の「設計図」である。その通称は「京都」。

この財宝を掌握したものはこれまでに無い。否,厳密には,この財宝を手にしたものは,必ず消える。コイツを盗み出したものは皆,間もなく謎の死を遂げているのだ。そしていつの間にか,財宝はもとの隠し場所に戻されている。

かつての国を治めし覇者の神聖な力,滅ぼされし王の呪い,とイワクはいくつかあるようだが,そんなものはウワサに決まっている。絶対にカラクリがある。

それを調べ尽くし,「京都」を盗む完璧な計画を立てるのが今回の目的であり,一流の泥棒たる私の腕の見せ所だ。

 

京都市内に無数にある寺院,その地下の何処かに眠るとされるこの設計図であるが,私と相棒Sの情報網を駆使して,候補は5つに絞られた。

鹿苑寺(通称金閣)」,「三十三間堂」,「龍安寺」,「仁和寺」,「広隆寺」のいずれかに,「京都」は必ず存在する。

 

如何に私が優れた泥棒であるといっても,時間と金は大切だ。相棒Sと打ち合わせて,我々はシンカンセンなる乗り物で京都へと向かうことにした。

愛車のベンツSSKで向かうとなると少々時間がかかり過ぎる。プライベートジェットを使う手もあったが,最近の泥棒稼業もそう裕福ではないのだ。

 

相棒Sとは東京駅で落ち合った。

 

「わるいな。前の仕事で少々トラブっちまってな。少し遅れちまったぜ」

「何度言ったらわかるんだ。この稼業じゃ時間を守らねえのは命取りだ。とはいってもお前にしちゃあ早かったな。もう少し遅れる計画だったんだが」

「なあに,おれも俗世に毒されちまってよ。お前がいつも言うように,時間と金を大事にするようになっちまったのさ」

 

時間には少々ルーズだが,Sは信頼できる私の相棒だ。

 

シンカンセンとは快適な乗り物だ。我々は難なく京都駅に辿り着いた。

腹ごしらえを終えると,時刻は15時をまわっていた。

 

「さあて,どこから探るか?」

「まずは足を探さねえとな」

「車でもいいが,目的は駅の近くにもあるらしい。時間も時間だ,今日はひとつ優雅にサイクリングってのはどうだ?」

「優雅にか,それもいい。慣れない土地だ,小回りが利くってのも良いかもしれんな」

「決まりだな」

 

Sは最新の小型多機能端末を駆使し,すぐに有益な情報を入手したようだ。

相棒は私より諜報に長けている。

「ここで自転車が手に入る。どうやら裏じゃなかなか名の知れた情報屋がやってるらしい」

「確かな情報か?」

「俺が信じられねえってのか」

「いいや悪かった。すぐ向かおう」

 

「いらっしゃい」

出迎えたのは若い女だった。好感の持てる笑顔だ。一般人には純粋無垢に見えるのだろうが,長年裏で生きてきた我々にはわかる。コイツはやり手だ。

「どれくらい借りていきますか?目的地はお決まりで?」

「いえ,それが全然なんです。『オススメ』は何処かな?」

この質問に女の眉がピクリとしたことを,我々は見逃さなかった。どうやらこのやり取りだけで我々の立場を察知したらしい。予想通り,といったところか。

「でしたら地図をお渡ししましょう。この時間からまわるとすれば──,このあたりはどうでしょう」

私と相棒は女を見つめ,無言で頷いた。

「ここは間違いありませんよ」

女は自信に満ちた表情で,ゆっくりと頷き返してみせた。

 

「良いところを見つけたな。さすがはデキる相棒だ」

「それは今にわかったことでもないだろう。とはいったものの期待以上だ。足に加えて情報も得られて,しかも手頃な値段ときた」

「ああ,あの情報屋のお墨付きだ。初めに目指すは『三十三間堂』だ」

「決まりだな」

 

ようやく仕事のはじまりだ。

 

(次回へつづく)